ダイヤモンドについて, デザインの選び方

ダイヤモンドについて

<画像>左から、0.1カラット 0.2カラット 0.3カラット

ダイヤモンドは信頼の置けるバイヤー、鑑定機関で鑑定されたものを購入しています。

ダイヤモンドのグレードとは、いわゆる「4C」という評価で切ります。

カラット:ダイヤモンドの大きさの評価です。大きいものの方が価格が高くなります。

ダイヤモンドの価格表はこちらのpdfファイルをご覧ください。

カラー:ダイヤモンドの色味 Dが最高位で無色透明、E,F,G,H,I・・という風に、ランクが下がると徐々に黄色がかっていきます。

クラリティ:傷や内包物の評価。FL  IF  VVS1 VVS2  VS1  Vs2・・・と、FLを最高位に、徐々に傷や内包物があるダイヤモンドになります。

VVS2 までは、10倍に拡大しても発見困難、とされる微細な傷です。

カット:
・EXCELLENT(エクセレント)
・VERY GOOD(ベリーグッド)
・GOOD(グッド)
・FAIR(フェアー)
・POOR(プアー)
の5段階に等級付けされます。

アトリエタマリでは、エクセレント以上のものを使います。カットが美しいダイヤモンドは輝きが全然違います。

さらに、「ハート&キューピット」という、より正確なシンメトリーにカットされたダイヤモンドをご提案しています。

↓薬指が0.2カラット台、中指が0.15カラット台になります。

ダイヤモンドが大きくなると、石座とのバランスから、リングアームも多少ボリュームを上げてお作りします。

華奢なエンゲージリングをご希望でしたら、小さめのダイヤモンドをおすすめします。