Blog, デザインの選び方

カスタムオーダーの結婚指輪<形について>

atelier tamariのカスタムオーダーメイドの結婚指輪は

ベースの形を選び、そこにテクスチャーを加えていくようなイメージ

* どの形をお選びいただいても「価格表の金額」に変更はございません。

* アドバイスをぜひお読みください。


<写真上から順番に>

no.1 ラウンド1(ゆるやかな甲丸)

no.2 ラウンド2(丸みの強い甲丸)

no.3 フラット1(角のはっきりした平打ち)

no.4 フラット2(角にやや丸みのある平打ち)


no.1 ラウンド1(ゆるやかな甲丸)

カーブのきつすぎない、ゆるやかな丸みのある形です。

隣の指への当たりを感じにくく、違和感のないつけ心地を求める方におすすめです。
どのテクスチャーにもよく合います。

<アドバイス>
ミルグレイン(両サイド)をお入れする場合は、この形をお選びください。


no.2 ラウンド2(丸みの強い甲丸)

丸みをしっかり感じていただける甲丸です。

程よい厚みがあるので、強度面が心配な方も安心してお使いいただけます。

どのテクスチャーにもよく合いますが、ミルグレイン(両サイド)には向きませんので、ミルグレインをご検討の場合は中央ライン・ミルをお選びください。

<アドバイス>
リング幅を2.2mm幅以上にされると、よりぽってりとした丸みを感じていただけます。


no.3 フラット1(角のはっきりした平打ち)

シャープさが魅力の「平打ち」リングです。

やや指当たりは気になるかと思いますので、細身の方がおすすめです。

テクスチャー「アンティーク」ではお作りができませんので

その他のテクスチャーをお選びください。

<アドバイス>
平打ちの形は、同じリング幅でもラウンドタイプよりやや太く感じられると思います。


no.4 フラット2(角にやや丸みのある平打ち)

シャープな平打ちリングを、角に丸みをややつけた形です。

平打ちリングが好きだが、毎日着ける指輪なら違和感を少なく、つけ心地を求める方におすすめです。

両サイドミルグレインを入れる場合は、この形はお選びいただけません。

<アドバイス>
平打ちの形は、同じリング幅でもラウンドタイプよりやや太く感じられると思います。


2019-05-04 | Posted in Blog, デザインの選び方