Marriage Ring, デザインの選び方

オプション[ ダイヤモンドダスト] 制作例

ダイヤモンドチップという、ダイヤの角を使って地金を叩く専用の工具を使い

きらきらとしたテクスチャーを付けるオプション「ダイヤモンドダスト加工」です。

(スターダスト加工 と呼ぶブランドもたくさんあります)

↑ポイント入れ(1/8程度)をくっきりと

↑ 境目を 左側はくっきりと、右側はぼかして

↑ ダイヤモンドダスト加工の中にダイヤモンドを留める

↑ 半周くらいを境目をぼかして入れる

↑ プラチナのフラットベースの「表面を全周」入れる

その他

全周に入れた制作例はこちらです。


ダイヤモンドダスト加工は、シンプルな指輪に少し華を添えるオプション。

何かアクセントを加えたい方におすすめです。

ただ、擦れるとキラキラ感はなくなってきてしまうので

あまりつけっぱなしにされない方におすすめです。

1/8程度の部分入れだと、手の外側にダイヤモンドダスト部分を持ってくると

擦れるのを防げますのでおすすめです

(指輪は手の平側が特に擦れやすいのです・・!)

ご興味のある方、デザインご相談くださいね。

2020-09-14 | Posted in Marriage Ring, デザインの選び方