Marriage Ring, デザインの選び方

[制作例まとめ]ミルグレイン+ダイヤ

2.2mm

atelier tamariでは、両サイドのミルグレインの間に

さりげなくダイヤモンドを留めるデザインをよく制作しています。

リング幅が広くなってくるのに合わせて、ダイヤの大きさを少し大きく調整したり、

こだわりを持って制作しています。


リング幅による留め方の違い(ぜひ拡大してご覧ください)

2mm幅の例(テクスチャー:アンティーク)

以下の2例は

一枚目は「4点平行留め」

二枚目は「ふせこみ留め」

となっています。

2mm幅がミルグレインの間にダイヤモンドを留めるなら、最も細いリング幅。

ミルグレインの粒の雰囲気とよく合うのは「4点留め」

シンプルな印象になるのは、爪の無い「ふせこみ留め」です。

4点留め(平行)
ふせこみ(ブラウンダイヤモンドです)

2.2mm幅の例(テクスチャー:アンティーク)

ダイヤモンドの存在感も、テクスチャーも映える、おすすめのリング幅です。

↓ 4点留め(平行)でダイヤモンドを留めています


2.4mm幅の例(テクスチャー:アンティーク)

これくらいの幅になってくると、ダイヤモンドも大きめとなり、存在感が増します。

↓ 4点留め(平行)でダイヤモンドを留めています

2.4mm幅(K18イエロー マット仕上げです)

2.6mm幅の例

2.6mm幅からは、このリングのように「星留めのダイヤモンド」が可能となってきます。

星留め+ミルグレイン この事例に近い、その他の色はこちらでもご紹介しています。

2020-09-17 | Posted in Marriage Ring, デザインの選び方