Marriage Ring, デザインの選び方

リングの外側におすすめの色石/カラーダイヤとサファイア・ルビー

外側におすすめの色石を留めた結婚指輪
グリーンとイエローに、ブルーダイヤモンド

リングの外側におすすめの石留め 制作事例まとめ


リングの外側に石留めをするなら、「強い石」がおすすめです。

具体的には ダイヤモンド サファイア ルビーの3種類

結婚指輪はつけっぱなしにされる方もいるので、デザインだけでなく「安心して使える」という視点も大切です。

定番の透明やブラウンダイヤ以外の、少しインパクトのあるカラーダイヤモンドでの制作事例と、サファイア・ルビーに絞ってご紹介します。


①ブルーダイヤモンド

ブルーダイヤはややグリーンがかった濃い青

こちらのリングは カスタムオーダー(アーステクスチャー K20イエロー)です。

K18グレー&K20YG

②ブルーダイヤモンド(4点平行)

コレクションリング”kizami”には、個性的な色石も似合います。

K18イエローにお留めしました。


③ブラックダイヤモンド(4点平行)

シャンパンゴールドに留めたブラックダイヤは、とてもシックな仕上がりに。

テクスチャーは ”アンティーク”です。


④特別オーダー ピンクダイヤモンド(ふせこみ)

カタログにも掲載していないのですが、ピンクダイヤモンドをお留することもできます。

ピンクダイヤは薄い色なので、このリングのようにプラチナに留めるとピンク色が映えます。


⑤サファイア(太陽留め)

マット仕上げのプラチナ(カスタムオーダー”アース”)に、

アクセントとなるサファイアを留めました。


⑥サファイア(星留め)

こちらは K18シャンパンゴールド(カスタムオーダー”ハンマー”)に

サファイアを星留めに留めました。


⑦ルビー(4点十字留め)

ルビーを留めるなら、ゴールド系の地金がおすすめです。

こちらのリングは K20ピンクです。

(カスタムオーダー”ハンマー”)


⑧ルビー(4点平行)

脇石にダイヤモンドも入れた、3つの石を並べるパターン。

真ん中のルビーが印象的な仕上がりです。

(シンプル K18イエロー/マット仕上げ)


atelier tamari(アトリエタマリ)

大阪中崎町と、京都三条にショールームがございます。

手作りのオーダーメイド・ウェディングリング(マリッジリング やエンゲージリング)のアトリエ

オフィシャルサイト https://tamari-ring.com

お問い合わせ電話 06-6585-0154

2021-01-21 | Posted in Marriage Ring, デザインの選び方