2022.02.07 #Design

サイズ直しの過程をお見せします

指のサイズは実はとても変わりやすいのです。一生ずっと同じ指のサイズという方の方が少なく、

一度はサイズ直しをする可能性があると思います。

atelier tamariでは、ほとんどのデザインでサイズ直しをさせていただいています。ダイヤモンドが留まっていたりしても、ほとんどのデザインの指輪では、初回無料でお直しできますので、安心してお好きなデザイン選びをしてくださいね。

ダイヤモンドがたくさん留まっていたり、レーザー刻印が長く入っていたり、ミルグレインがあるリングもサイズ直しをお受けしているのですが、この場合は石を交換したり、ミルグレインを入れ直したりといった作業が多く・・すみませんが一部のみ有料となります。

オーダーをしていただく際に、指輪の先々についても詳しくご説明をさせていただくようにしています。長く使うことを考え、先のメンテナンス性だったり、ランニングコストだったり。その辺りも結婚指輪選びの大切なポイントだと考えています。


指輪のサイズ直しってどうやって行っているのでしょうか?

サイズ直しをイメージしていただくために、アトリエで撮影もさせていただきました。

リングのデザインによっては、違う方法を使うこともあるのですが、多くのリングはこの方法で行っています。

↓まずはこのように、リングをカットします。(大事な指輪が切られていくので、少しショックな光景ですが・・!)

↓ご希望のサイズに合わせていきます。今回は小さくサイズ直ししていますので、余分な地金を取ってつなぎ直すイメージです。

↓線が入った部分に、今から似た色の地金を溶かして流していきます。

指輪のサイズ直し

金属は熱を加えると溶けていきますが、プラチナは融点(金属が溶ける温度)が高く、普通のバーナーでは熱が足りません。そのため酸素バーナーを使います。

切れ目をつなぐためのロウ材が溶けて、指輪がつながるのですが、

もともとの指輪が溶けてしまわないように・・細心の注意が必要です。

一から指輪を作る時と違い、お客様の大切な指輪を預かるお修理・・

失敗ができない非常に難しい仕事です。

これも結婚指輪をお作りした責任であり、アトリエでは真剣に取り組んでいます。

↓無事指輪がつながったら、次は叩いてまん丸に調整していきます。

ただ、この時に、石がある指輪はやさしく叩くようにしますので、まん丸にはできない場合もあります。

最後に余分なロウ材を取ったり、磨いて完成です!

このように、手作業でサイズ直しを行っています。

サイズ直しをする時にも、しっかり状態をお聞きして、納得いただいてからサイズをお直しいたします。

一度直したものを、また変更することもできるのですが、何度も繰り返すことで地金に何度も高熱を加えることになり、また曲げたり叩いたりを繰り返すため、どうしても金属疲労してしまうので、できるだけ2回までをおすすめしています。

「サイズ直しをしたい」というご相談をいただいた時、アトリエタマリではまずはしっかりと今のサイズを計測していただくところからスタートします。

ご遠方の方にはサイズゲージを無料貸し出しさせていただいています。

簡単にお引き受けしてしまうことで、また短い期間でサイズが変わってしまったりと、逆にサイズ直しを後悔することにもなりかねません・・

年を重ねると、指は太くなってくることもありますし、ご出産を機に大きく変わることも多いんです。

オーダーしていただいたら終わり、ではなく、お使いいただく中での「困った」時に、安心して相談いただけるように・・そう考えています。


マリッジリングの経年変化について・・・

仕上げ直し(磨き直したり、マットにしたり、ブラシ仕上げを当てたり・・)は何度でも無料でさせていただいていますので、お気軽にお申し付けくださいね!

仕上げは直せるのですが、直せないものもあります。それは・・テクスチャーの経年変化なのです。

金も、プラチナも、体には優しい金属ですが、柔らかい素材です。鉄のように頑丈ではありません^^

だからこそ、革製品のように長年使うと傷が入ったり、磨きがかかったりしていくため、使う方によって表情はさまざまになります。

(もともとつるっとしたシンプルな指輪の場合は、磨き直すことである程度新品に近い状態に戻せますので、何年おきかに綺麗にして使いたい、という方は、表面にテクスチャーが無いものが良いかもしれませんね)

下の写真 右は新品のアンティークテクスチャーのリング。左は3年毎日使用された、アンティークテクスチャーのリングです。ヤスリ跡は丸くなり、つるっとした表情となっていますね。

自然に磨きがかかってくるというのは、このような変化です。お二人が結婚されて、毎日身につける指輪は、気がつくと自分の一部のように育ってきます。その表情もぜひ大事にしていただけたらと思っています。

New Posts