2022.11.08 #Design 一覧に戻る

結婚指輪に留めるダイヤモンドの大きさ

アトリエタマリのマリッジリングは、色々な留め方でダイヤモンドを留めることができます。

結婚指輪にダイヤモンドを留めると、とても繊細でかわいらしい印象となります。

石留めの作業風景などはこちら(ブログ)でご覧ください。 

1mmほどの小さな小さなダイヤモンドは年々美しいグレードのものは希少価値が高まっています。

アトリエタマリでは、0.8mmサイズの極小のダイヤモンドから、デザインに合わせて選び使用しているのですが

徐々に手に入りにくくなり、価格も上がってきているのを感じます・・

2022年11月現在は、クリア(透明)、ブラウン、ブルー、ブラックの4種類をお選びいただけます。

この4種類だと、輝きが最も良いのはクリア、その次はブラウンです。

ダイヤモンドの色や大きさを少し変えるだけで印象も異なってくる、それを感じながらデザインしていけるのが

オーダーメイドのリングの楽しさです♪

こちらのページでは、「大きめのメレダイヤ」で制作させていただいた例をご紹介させていただきます!

リング幅に合わせた 4点留めの制作事例

ブラウンダイヤの結婚指輪

こちらの写真のマリッジリングは、ブラウンダイヤモンドを留めています。

  リング幅が広いリング→大きめサイズ

  リング幅が細いリング→ 通常サイズ

が基本です。その基本に沿った石の大きさ選びの制作事例です♪

幅の広いリングでも、あまりダイヤモンドを目立たせたく無い、できるだけさりげない方が良いという方は

通常サイズ(上のリングと同じサイズ)を選ぶ方もいらっしゃります。

<写真について>

上のリングは 1.8mm幅 ダイヤモンドは通常サイズ(約1mmです)

下のリングは 3.0mm幅 ダイヤモンドは大きめサイズ(約1.4mmです)


“リズム”マリッジリング 透明ダイヤモンドでの制作事例

コレクションリング”リズム”のミディアム幅タイプです。

同じデザインのリングも、ダイヤモンドを少し大きさを変えると印象が変わります。

“リズム”には、4点留め(十字)が最もおすすめです。

<写真のリング>

上のリングは「大きめダイヤモンド」を留めています。(1.3mm直径)

下のリングは「通常のサイズのダイヤモンド」(1.1mm直径)

3つのメレダイヤモンド(大きめサイズ)

こちらのリングは3つのダイヤモンドを、こぼれ落ちるような印象に仕上げました。

K20イエローゴールドに入れた、繊細なリネンテクスチャーとよく合っています。

<写真のリング> 2.4mm幅 「大きめサイズダイヤモンド(直径1.3mm)」を使用

ふせこみ留め 3つのダイヤモンド 

こちらのリングは、2.4mm幅の最もシンプルな「ラウンド」型のマリッジリングをベースに

3つの大きめサイズ(直径1.3mm)のダイヤモンドを、ふせこみ留めで留めました。

今回は3ピースで制作させていただきましたが、お好きな個数、お好きな間隔で

ダイヤモンドのあしらい方をお客様自身にデザインしていただけます。

もちろん、作り手の目線で、どのように留めるとセンスが良いか、ダイヤモンドの大きさについても

アドバイスさせていただきます。

いくつか、ダイヤモンドの大きさを少しだけ大きくした制作事例をご紹介させていただきました♪

メレダイヤも大きくなると、輝きが増します。

ダイヤモンドの直径が大きくなると、厚みも必要なためダイヤモンドの大きさアップはできないデザインもあるのですが

細かい点までこだわり、妥協の無い結婚指輪を選びたいという方のために

可能な限り幅広いセレクト、特別対応ができるのが、アトリエタマリの強みだと思っています。

「もっとこうしたいな・・」

そんなお気持ちを大切に、寄り添いながらリングを制作させていただきますね**

New Posts