special order

アンティークジュエリーのような佇まいのエンゲージリング。
石枠はダイヤモンドに合わせ、できるだけ低くし、どのデザインよりも日常使いを意識してデザインいたしました。

通常、このデザインは「ローズカットダイヤモンド」で制作をしています。
ですが、ローズカットダイヤは「ラウンドブリリアントカット」のダイヤに比べると、輝きはだいぶ少なめです。

ローズカットは優しい印象に仕上がり、アンティークな雰囲気が出て素敵なのですが、
一生物の婚約指輪ですので、できるだけ輝きを重視されたい方もいらっしゃるかと思います。

そのため、同じデザインを鑑定書付きのラウンドブリリアントカットでの特別制作もさせていただきます。


-ローズカットダイヤモンドとラウンドブリリアントカットの違いについて-
当サイトメニューより、about diamond にて詳しくご説明しています。
https://atelier-tamari.com/engagement-ring/about-diamond/

○写真1枚目
地金
:K18シャンパン
デザイン
:ローズカットダイヤとラウンドカットダイヤの比較①
表面仕上げ
:光沢(ラフラウンド)
オプション
:写真左:ローズカットダイヤ 石枠のミルグレイン(Bタイプ)

写真右:ラウンドブリリアントカット0.16ct

どちらも「ラフ・ラウンド」という、揺らぎを持たせた手作り感あるリングアームです。
シンプルな丸みのあるリングアームでも制作可能です。
○写真2枚目
地金
:K18イエロー
デザイン
:ローズカットダイヤとラウンドカットダイヤの比較②
表面仕上げ
:ヘアライン仕上げ
オプション
:写真上:ローズカットダイヤ /アームと石枠にミルグレイン(Cタイプ)
写真下:ラウンドブリリアントカット /ラウンドアーム 0.15ctのラウンドブリリアントカット(Aタイプ)

一覧に戻る

一覧に戻る