2022.09.01 #Design 一覧に戻る

結婚指輪の色(地金の種類)選びのポイント

結婚指輪のデザインを選ぶ時に、みなさんがこだわるポイントは、やっぱり「色」です。

結婚指輪はファッションリングとは違って、毎日、しかも一生着けるもの・・

だからこそ、ずっと飽きずに好きだと思えるものを選びたいですよね。

写真は左から

K18イエロー/K18ピンク/K18グリーン/K20イエロー/K20ピンク/K18シャンパン/K18ホワイト/K18グレー/プラチナ

それぞれの特徴についてお話ししたいと思います。


シルバー系の色地金(シャンパン ホワイト プラチナ等)

写真は左から  K18シャンパン K18ホワイト プラチナ K18グレー です。

ホワイト系地金は特に高騰しており、ゴールド系より価格も高くなります。

K18シャパンゴールドは、プラチナとゴールドの中間色のような色味です。

アトリエタマリでは最も人気の高い地金です。どのデザインでも素敵に仕上がること、また、男女どちらにも似合うという点も人気の理由です。

K18ホワイトゴールドは、プラチナよりもブラウンがかっていますが、シャンパンゴールドよりはゴールド味は少ないです。

K18グレーゴールドは、プラチナを黒くしたような色で、「ブラックゴールド」とも呼ばれます。

高価な純金とパラジウムのみで作っている地金で、高級素材です。

プラチナについては、当ページのもう少し下の方で詳しくご説明します。

ホワイトゴールドは剥げるのですか?

K18ホワイトゴールドは、「剥げる」「変色する」ということを聞いたことがある人もいるかもしれませんが、

一般的に「ロジウムメッキ」というプラチナのような色のメッキをかけたゴールドを、ホワイトゴールドと呼ぶことが多く、メッキなのでこの場合は徐々に剥げてきてしまいます。

アトリエタマリのホワイトゴールドは、地金の配合で出している色で、ロジウムメッキはしていませんので剥げてくることは無いので、安心してくださいね。


ゴールド系の地金(18金や20金)

左から K18ライム イエロー K20イエロー
  1. イエロー系  K18イエロー(上写真 真ん中)とK20イエロー(上写真 右)がございます。

適度な硬さがあり、と色味が安定しています。atelier tamariのどのデザインにも合うものです。

2.グリーン系  K18グリーンとK18ライム(上写真 左)がございます。

K18グリーンは柔らかいため、変形や変色をしやすいというデメリットがあるのですが、デザイナーが好きな色でもあり、

一部デザインに限って製作しており、グリーンの特性をご理解いただける方のみに製作をしている特殊地金です。

色味・硬さ・配合で、K18グリーンとK18イエローのちょうど中間に当たるのがK18ライムとなります。

左 K18ピンク 右 K20ピンク

3.ピンク系  K18ピンク(上写真 左)とK20ピンク(上写真 右)がございます。

K20ピンクはオレンジゴールドとも呼びたくなるような色・・

作りたてはピンク味が強いのですが、徐々に深みが出てオレンジ系となってゆきます。

K18ピンクゴールドは、アトリエタマリでお取り扱いの地金の中では最も硬いので、細身のリングにもおすすめできます。

ピンクゴールドは、硬さもあり肌色に近い色味が男性にも着けやすいゴールド地金です。

ゴールドは変色しますか?

色によっても変化には違いがあるのですが、K18グリーンやライムは銀が多めに入っているため、酸化で黒っぽく変色することがあります。

その他のゴールド系の地金は、純金が経年により色はやや深みを増してゆくため、徐々に濃いゴールド色になることがあります。

特にK20は純金の配合割合が高いので、「変色」とは少しニュアンスが異なるのですが、

K20ピンクは、オレンジが強く出てきますので、ピンクがお好きな方はK18ピンクの方をおすすめします。

ホワイトゴールドやシャンパンゴールドなど、シルバー系は色の変化は少ないと思います。

万が一の変色については、アトリエタマリの無料メンテナンスでお直しが可能なのと、

シルバーアクセサリーのような強い変化はありませんのでご安心くださいね。

※温泉・プールでは変色しますので、必ず外して入ってください。

10金や、18金や20金ってどういう意味なのですか?

K18(18金)とは、純金(24金)に、銀や銅・パラジウムなどの地金を混ぜた合金です。

純度が 18/24 つまり・・75%純度の金 ということです。

一般的にジュエリーでよく使われている K10(10金)と比較すると、

18金の方が純度が高い=変色しにくく肌に優しい

という理由で、結婚指輪や婚約指輪に多く使われています。

割金(純金に混ぜていく金属)によって、色が変えられるので、多彩なバリエーションのカラーが楽しめます。

K20(20金)とは、その純度が 20/24 ・・ つまり、約80%純度の金 です。

K20は、K18よりもさらに純金の配合割合が高いため、重みもあり、色味も濃く高級感があります。


プラチナってどういうものなのでしょうか?

プラチナは白く輝く希少な金属(レアメタル)です。

同じ白い地金「シルバー」と近い色ではあるのですが、重みがあり、シルバー(銀)とは比較にならないくらいの高級感があります。

アトリエタマリでは、「プラチナ900とハードプラチナ950という2種類のプラチナ」をデザインに合わせて使っています。

プラチナ900の方は、パラジウム(希少な白い金属です)とだけ混ぜて作ったもので、

粘り強さがあり、また加工もしやすく、テクスチャーを叩きながら入れていくデザインに主に使用しています。

ハードプラチナ950については、万年筆のペン先に使われる地金(ルテニウム)を配合することで、95%純度という高い純度で硬さも実現したものになります。

製作工程上の「向き不向き」があるので、使い分けています。


結婚指輪はプラチナが良いのか、ゴールドが良いのか。

プラチナか、ゴールドか・・ ショールームでお話をお聞きしていて、多くの方が悩むポイントです。

海外ではゴールドの結婚指輪がメジャーなのですが、日本では圧倒的にプラチナが多いとのこと。

アトリエタマリでは、ゴールドを選ぶ方も多く、「好きな色、似合う色を着けたい」というご意見。

肌に馴染むことや、傷がついても味わいとなるような

ゴールドならではの豊かな表情を持つ指輪を求めている方が、アトリエタマリには多いからかもしれません。

プラチナとゴールド
プラチナとゴールドでの色違いペアも人気です

ゴールドの中でも、シャンパンゴールドやホワイトゴールドなど、シルバー系の色味は

結婚指輪らしい雰囲気が出るので、特に人気があります。アンティークなデザインにもぴったりです。

プラチナだと白すぎて肌に浮いて見える・・といった場合、シャンパンゴールドやホワイトゴールドを選んでみてはいかがでしょうか。

↓ 左はK18ホワイト 右はK18シャンパンです。ダイヤモンドも地金に馴染むブラウンダイヤモンドを選びました。

アンティークな雰囲気の結婚指輪

とはいえ・・根強い人気があるプラチナです。

プラチナは18金よりも高純度(90%または95%)でアレルギーのある方にも安心なのと、変色の心配もほとんどありません。

(ご希望によってはピュアプラチナでの制作も承ります。)

プラチナの何よりの魅力は”白い色と輝き” ・・ 

そして“結婚指輪や婚約指輪ならではの地金”という点も、結婚への気持ちを高めてくれます。

プラチナの白さは、留める宝石の色を最も美しく見えます。

↓ブルーダイヤモンドもくっきりと色味が出ます。グリッターテクスチャーの輝きも際立つようです。

↓エンゲージリング(婚約指輪) 

ダイヤモンドをもっとも引き立てるのはプラチナ。リングアームのメレダイヤは、地金と一体感が出てさらに美しく見えます。

ラウンドハパヴェ婚約指輪プラチナt0.2ct

一生に一度の結婚指輪や婚約指輪。

オーダーメイドだからこそ、アトリエタマリでは9色もの色の中から選ぶ楽しさがあります。

お二人で違う色でも、また、婚約指輪と結婚指輪を色を変えても素敵です。

2色の地金を組み合わせて作ることもできます。

ショールームでは実物の地金を使い、サンプルを製作しているので、実際に手に取り

地金の重みだったり、色味のニュアンスもお確かめいただけます。

結婚指輪の色選びのポイント

atelier tamari(アトリエタマリ)

大阪心斎橋・京都三条 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイド

お問い合わせは当ホームページか

LINEでのご質問、ご相談の方は、以下リンクから友達追加して、メッセージを送ってください。https://lin.ee/r5bGQaG

New Posts