2022.09.11 #Design 一覧に戻る

クラシックエンゲージリングのカスタムについて

クラシックエンゲージリングをご検討の方へ

カスタム選択できるポイントなどを説明させていただきます。

クラシック・エンゲージリングは、とてもシンプルな4本爪の婚約指輪。

4本爪はダイヤモンドに光をよく通し、また、すっきりとした印象となります。

atelier tamariではオーダーをいただいてから原型より制作をいたしますので、

いくつかの”ポイント”をお選びいただいて、カスタムオーダーできるという点が魅力です。

※ミルグレイン以外は全て無料で選択いただけますので、オーダー時にご希望を全てお伝えくださいね♪


1.ミルグレインを入れるかどうかをお決めください

ミルグレインの有無でお値段に違いがございます。

ご希望をお伝えください。

ミルグレインはリング全体の1/8程度に入れています。こうすることでサイズ直しが初回無料で可能になります。

婚約指輪はサイズ直しができることも重要な選択のポイントとなるかと思います。


2.石枠の爪の向きを選べます

4本爪の石枠の爪の位置を、平行方向(写真左)・十字方向(写真右) からお選びいただけます。

最初、このデザインが初めてできた時は平行方向のみだったのですが、

ロウ付(地金を高温で熱して、石枠をリングに取り付ける作業)の際に向きを変えて製作してみたところ

ちょっとしたことでこんなにも印象が変わるのかと、新しい発見をしましたので、そのまま受注時にお客様にお伺いするようになりました。

●写真 左:プラチナ(平行 ) 右:K18シャンパン(十字)

プラチナとシャンパンゴールドの4本爪エンゲージリング

3.石枠の地金

石枠のみをプラチナに無料変更ができます。(変更のご希望がなければ、リングアームと同色で仕上げます)

変更する場合は、プラチナと色味の対比が綺麗な

K18イエロー・ピンク/K20イエロー・ピンク のアームを選択の場合をおすすめします。

ダイヤモンドが少し大きく見えると思います。

ピンクゴールドとプラチナにミルグレインの婚約指輪


4.仕上げについて

クラシックエンゲージリングは仕上げをお選びいただけます。

①光沢仕上げ  上品で高級感が出ます。最も婚約指輪らしい仕上がりとなります。

②ブラシ仕上げ  カジュアルでアンティークな雰囲気です。

③ヘアライン仕上げ やや光沢のある艶消し仕上げとなります。全体に落ち着いた印象です。

④マット仕上げ  こちらは製作例が少ないのですが、お作りは可能です。

①光沢仕上げ

イエローゴールドの婚約指輪ateliertamari

②ブラシ仕上げ

シャンパンゴールドにミルグレインのアンティークテイスト婚約指輪

③ヘアライン仕上げ

マット仕上げの婚約指輪

5.もちろん、刻印が無料でお入れできます

刻印については、こちらのまとめページをご覧ください!


6.さらにスペシャルなご提案

カスタムオーダーのマリッジリングのテクスチャー”glitter(グリッター)”という槌目を入れることもできます。

グリッターテクスチャー

最後に、ダイヤモンドについて。

0.2ctと0.25ctのダイヤモンドの大きさ比較画像は以下となります。

とてもシンプルなデザインの婚約指輪で、デザインのテーマは”永遠”

ダイヤモンドの輝きも引き立つデザインです。

0.15ct〜0.25ctまで 幅広い大きさのダイヤモンドに対応しています。

ダイヤモンドはこちらのオーダー用紙で金額やグレードも全て記載していますので、プリントアウトしてご利用くださいね。

ダイヤモンドの大きさ比較0.2ctと0.25ct

atelier tamariの最もベーシックな婚約指輪”classic(クラシック)”の

カスタムオーダーメイドについて、ご説明させていただきました。

大阪・京都のショールームで、ぜひ実物を手に取ってご覧ください。

New Posts